? ローヤルゼリー比較

ローヤルゼリー


効果(2)自律神経

通常私達の体は、気温や環境の変化、精神的ストレスなど、外部からの刺激に対して状態を一定に保とうとします。この役目を担うのが自律神経です。
交感神経は体が興奮する方向に働く神経で、車でいうアクセルのような働きをしています。自律神経が活発になると、心臓がドキドキしたり、血圧が上がったりします。これとは逆に、副交感神経とは体の働きを鎮める方向に働き、体をリラックスする方向に働きかけます。この2つの神経をまとめて「自律神経」といいます。
強いストレスがかかったり、そのストレスが長い時間続いたりすると、自律神経がその刺激から体を守ろうとして働き過ぎて、交感神経と副交感神経の綱引きバランスが崩れてしまう場合があります。この状態が、自律神経失調症なのです。自律神経は人の全身の器官をコントロールしているので、そのバランスが崩れるとあらゆる機能に障害が起こり、不眠や頭痛、めまい、発汗、手足の痺れなど、様々な症状を引き起こします。その多くは病気というほどではないが、自分しか苦しみが分からない、とても辛いものです。

ローヤルゼリーと自律神経の明らかな関連性は不明ですが、摂取することで上記のような状況が良い方向に向かったという話があることは事実です。
自律神経とホルモンを調整しているのが、脳の「間脳」という部分なのですが、加齢とともに間脳が老化してきたり、不規則な生活やストレスにより、自律神経のリズムの乱れから自律神経失調症となるのですが、ローヤルゼリーは間脳の老化を防ぎ、自律神経やホルモンのバランスを良くすると期待されています。

ローヤルゼリーに含まれる神経伝達物質・アセチルコリンが副交感神経に関与して、自律神経を整えます。アセチルコリンが足りなくなると、自律神経の乱れを生んでしまいます。これは自律神経失調症を引き起こしますから、ローヤルゼリーでアセチルコリンを補ってあげることで、症状緩和に役立つのです。
また、「ビタミンやミネラルが豊富に含まれている」ことも、効果の要因として考えられます。ビタミンやミネラルには神経の働きを改善したり、酵素やホルモンを作る作用があります。これらがバランスよく働きかけているのかもしれません。
こちらのサイトでもローヤルゼリーの効果について解説されています。わかりやすくてお勧めのサイトです。

また、こちらのローヤルゼリーの比較ランキングサイトでは、美肌効果についても解説しています。

ほかにもダイエットに効く健康食品の例として高麗人参について解説されたページなど、わかりやすくてお勧めのサイトです。